上半身の筋肉を付けるには? 逆三角形の身体を造るトレーニング

友人から「どうしたら上半身の筋肉がつくの?」「どうしたら逆三角形の身体になるの?」と聞かれることが多いので、これについて書いてみたいと思います。
私は、こう聞かれたとき「ダンベルとトレーニングベンチを買ってダンベルベンチプレスワンハンドローショルダープレスをやるといい」と答えています。
私の経験的に、この3種目だけで逆三角形の身体に必要な筋肉をまんべんなく鍛えることができるのでお勧めしています。
ウエイトトレーニングをこれからはじめる方はこれらのトレーニングからはじめるといいのではないでしょうか。
具体的には、軽い重量でウォーミングアップした後、各種目を8回2~3セットするといいでしょう。
筋トレは「たくさんやればいい」というものではありません。
腕立て伏せなどでもいいのですが、負荷を調節できないので筋肉を増やしたい場合効率がよくありません。
ジムに通える環境の方はジムでトレーニングをするのもいいと思いますが、個人的には器具を買って自宅でトレーニングができる環境を作ったほうが長続きすると思います。(部屋のスペースと相談することにはなりますが…)
自宅でトレーニングする場合は、一度器具を買ってしまえばその後は一生タダでトレーニングできますしね。
ダンベルの選び方ですが、ラバープレートタイプの60KGセットを強くオススメします。
ラバープレートなら自宅で使用しても床を傷つけませんし、遮音性にも優れています。
それに、10KGセットや20KGセットでは、まじめにトレーニングを続けているとすぐに物足りなくなってしまうでしょう。
トレーニングベンチは耐荷重量が高いものを選びましょう。
耐荷重量が150KGを超えていれば多くの人にとっては十分でしょう。

【人気NO1】ラバー ダンベル 40KGセット (片手20kg×2個)/ 筋トレ の 最強アイテム!床を傷つけないラバーリング付!


リーディングエッジ フラットベンチ LEFB-005 [耐荷重200kg ダンベルトレーニング]
本格的にトレーニングをしたいかたにはフラットベンチではなくフラットインクラインベンチ(可変ベンチ)をオススメします。
背もたれの角度が調節できるのでトレーニングの幅が広がります。
胸筋の発達に効果的なインクラインダンベルベンチプレスという種目を行うこともできます。
わたしはフラットインクラインベンチを使用しています。
フラットインクラインベンチとしてはワイルドフィットのパワーベンチがお勧めです。
私が行っているジムに置いてあるのですが使いやすいです。

ハイパーベンチ


5件のトラックバック

コメントを残す