ディップスで腕を太くする方法

ディップスは自重トレーニングの中なでも負荷の高いトレーニングのひとつです。

公園にある平行棒やチンニングディップススタンドで行うのが一般的です。

通常のディップスは、上体を前傾させて行います。
この動作は大胸筋の下部を鍛えるのに適しています。

しかし、ちょっと工夫すると腕に負荷を集中させて行うことが出来ます。

足を前方に上げた状態で行うと上半身の前傾が抑えられ、胸よりも上腕三頭筋が強く刺激されます。

やってみると腕になかなかいい刺激が得られるので是非お試しあれ!


ワンハンドトライセプスエクステンション 腕のトレーニング

このトレーニングはワンアームフレンチプレスなどとも呼ばれています

ワンハンドトライセプスエクステンションは上腕三頭筋(二の腕部分の筋肉)を発達させるトレーニングです。

ワンハンドトライセプスエクステンションは以前紹介したワンダンベルトライセプスエクステンションのバリエーションとも見なせます。

上腕三頭筋はその名のとうり3つの起始部(骨に付着しいている部分のうち胴体に近い方)と一つの停止部(骨に付着しいている部分のうち胴体から遠い方)をもつ大きな筋肉です。
つまり筋肉が3つに枝分かれしている形になっているのです。
ですから、様々な種目を組み合わせて様々な角度から刺激を与えることが有効だと思います。

私は今現在は腕を太くすることよりも体幹部を強化することに関心がありますのであまり腕のトレーニングはやっていませんが、腕を太くしたい方にはお勧めです。

やはり見た目的には腕が太い方がかっこいいと思います。

ワンダンベルトライセプスエクステンション 腕のトレーニング

ダンベルトライセプスエクステンションは上腕三頭筋(二の腕の部分の筋肉)を発達させ、腕を太くするエクササイズです。

腕のトレーニングとして、ダンベルカールバーベルカールといった上腕ニ頭筋のトレーニングが人気ですが、上腕ニ頭筋ばかり鍛えていると筋肉のバランスが悪くなってしまうので上腕三頭筋も鍛えた方がいいでしょう。

また、上腕三頭筋は上腕ニ頭筋と比べて大きな筋肉なので、腕を太くしたい場合は上腕三頭筋をしっかりと鍛えることをお勧めします。


【人気NO1】ラバー ダンベル 40KGセット (片手20kg×2個)/ 筋トレ の 最強アイテム!床を傷つけないラバーリング付!

バーベルカール 腕を太くするトレーニング


バーベルカールは上腕二頭筋(力こぶの筋肉)と上腕筋を特に発達させます。
バーベルカールはバイセップスカールとも呼ばれますが、バイセップスとは上腕二頭筋のことです。
また、やってみるとわかりますがダンベルカールとバーベルカールではかなり違った刺激が得られます。
ダンベルの場合は動作中に手のひらの向きを自由に変えられるのに対して、バーベルでは常に手のひらが上を向いた状態で動作を行うことになるからです。
どちらも取り入れることで最大限上腕二頭筋と上腕筋を発達させることができると思います。

ダンベルカール 腕のトレーニング


ダンベルカールは腕を太くするのに効果的なトレーニングで、主に上腕二頭筋(力こぶの筋肉)と上腕筋を鍛えることができます。
腕のトレーニングにもさまざまなバリエーションがありますが、ダンベルカールはその中でも重要なエクササイズの一つです。
動画の後半ではけっこう反動を使ってトレーニングしています。
筋肥大目的のトレーニングにおいては反動を使うことはよくない事だとされることが多いですが、私の考えでは時にはこのようなトレーニングも有効だと思います。
反動を使うことでより重い重量を扱えるので、ダンベルを降ろすときに腕に強烈な刺激がきます。
降ろすときにしっかりと筋肉に効かせることが出来れば,筋肉を大きくするのに効果的だと思います。
とはいえ、反動を使いすぎると腕の筋肉に全く効かないトレーニングになってしまいます。
腕が焼きつくような感覚が最大限得られるように、自分にとってのベストを探っていけるといいですよね。