ディップスで腕を太くする方法

ディップスは自重トレーニングの中なでも負荷の高いトレーニングのひとつです。

公園にある平行棒やチンニングディップススタンドで行うのが一般的です。

通常のディップスは、上体を前傾させて行います。
この動作は大胸筋の下部を鍛えるのに適しています。

しかし、ちょっと工夫すると腕に負荷を集中させて行うことが出来ます。

足を前方に上げた状態で行うと上半身の前傾が抑えられ、胸よりも上腕三頭筋が強く刺激されます。

やってみると腕になかなかいい刺激が得られるので是非お試しあれ!


コメントを残す